ガチで!ゃでいこうでんしゃでかえろうがとにかく安い!

私も一緒にゴーゴー叫んでストレス発散することも。特に音にハマり!もうこの本を与えてから!ゴーゴーゴーゴー毎日うるさいです。乗り物が好きなので気に入った様子。

こちらになります!

2017年01月11日 ランキング上位商品↑

ゃでいこうでんしゃでかえろうでんしゃでいこうでんしゃでかえろう [ 間瀬直方 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

」など、どちらから読んでほしいかリクエストしてきます。息子が大好きです。電車の音に関しては譲れないみたいで!この本とは違いガタンゴトンとか!ガタゴト!といった音で発声しています。今、1歳と3歳の息子たちが電車にはまっていて、この絵本のことを思い出しました。1歳4ヶ月男児。もともと!独身の時からこの絵本のしかけのおもしろさは知っていました。犬などの動物がこっそり出てくるので!それを探すのも楽しいようです。お話に展開はないので!日に5~6回読まされるとうんざりしてきますが(逆からも読まされることと!起承転結がないので大人としては退屈)子供は本当によく見ています。乗り物好きな一歳8ヶ月の息子に。とても喜んでくれたそうです。孫に買いました。気に入ったようで、よかったです?子供が何度も見ています。星が4つなのは3歳の息子にはちょっと文字数が少ないかな?という印象なので。もう少し早い時期に出会いたかった絵本です。1歳になる男の子へプレゼントしました。読み聞かせてみると!上の子は早速しかけに気付き!「今日はでんしゃでかえろうがいい。描写が細かくて丁寧で何度でも読めます。文章も少ないし!物語はないけれど!逆にそれは読んだ子自身が想像したり!作ったりする余地があるということなんですね。今は良い収納がなくてそこらじゅうにおもちゃやら絵本が落ちているので(涙)、これから子供用の本棚とか揃えていってあげようと思います。電車でいこうとかえろう、どちからも読むことができる、ユニークな絵本です。たくさん絵本がある中で電車が好きな息子にいいものがないかと探していたところこの本がレビューで好評だったので購入しました。図書館で人気なので購入しました。。下の子は、トンネルの穴に興味深々です。1歳5ヶ月の息子が大のお気に入りです‼︎毎日何度も何度読まされています(*^^*)2才の息子用に買いました。電車がトンネルをくぐると、どんな景色が現れるのか・・・季節感が漂う本です。絵本の中の菜の花畑とやまのむらが大好きで!毎日のように読んでくれとせがまれます。所々に出て来る動物や電車の乗客が丁寧に描かれており!何度見ても飽きません。子供ってほんと面白い。だんだん読んであげなくても、一人で眺めていることも増えてきました。1歳半の息子へ購入しました。絵で見るといった感じ。大人が読んでもおもしろく!行きの電車!帰りの電車と繰返し読むことが出来ます。後ろからも前からも読める楽しい絵本で電車に乗っている乗客の表情もよく見るとストーリーがあってそこからもお話が広げられました。雪から菜の花畑になるので、これからの読み聞かせに使おうと思います。行って!帰れるのもよかったみたい(笑)今では1人でもページをめくるようになりました。トンネルのしかけが好きで楽しいみたいです。2才児の男の子が居るご家庭にはお勧めの1冊です。とても気に入ったらしく、毎日10回くらい読み聞かせをしています。本当に買ってよかったです!この本も息子ちゃんが保育園で見て気に入っている本なので購入しました。トンネルに興味をもつきっかけにもなりました。1〜2歳の電車好きのお子さんにはオススメの絵本です^^。あまり絵本に興味を示さない子だったのですが、なんとか想像力を養ってあげたいと思い、大好きな電車の絵本にしてみると大喜びで聞いてくれました♪最初は電車ばかりに目がいくようでしたが、次第にまわりの景色や人物にも話が広がり、読んであげるほうも楽しいです。すりきれるほど読んでいます。トンネル部分は穴が開いており、仕掛け絵本っぽいです。何度も何度も繰り返し読んでいる孫の顔を見ると最高です。風景や電車の乗客も細かくかかれており、我が家では、「おにぎり食べてる人どこだ?」など、当てっこしながら読んだりもして、楽しいです。文章はとても少ないです。いずれは電車の乗客の様子にも!注目するようになるかな。小さく描かれた踏切だったり、ポストだったり、動物であったり、自転車や車、雪だるま、を指差してきます。普通に読んだら確かやまのえき⇒うみのえきへ行くお話で!後から読んだらうみのえき⇒やまのえきへ行くお話になっています!息子ちゃんはストーリーとか関係なく!バンバン飛ばし読みというかめくって見てますが(笑)1ページおきにトンネルをくぐるようになっていて!トンネルの入り口と出口が窓開きになっているので指を引っ掛けてめくったりするのも面白いみたいです。