ハンス・ヴィルヘルムを買うならココ!

初版日を確認したらかなり古いのにびっくり。うちにもわんこがいますので!娘も涙なしには読めない本です。子供達がこんなふうに!ペットだけでなくどんなものに対しても愛情を持ち続ける優しい子になってほしいと思います。

コスパがいい♪

2017年01月11日 ランキング上位商品↑

ハンス・ヴィルヘルムずーっとずっとだいすきだよ [ ハンス・ヴィルヘルム ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

今までよりももっと、生き物を大事にしようと思う気持ちは簡単にめばえます。娘にも読み聞かせして伝える大切さを知ってもらいたいと思いました。 小学1年生の時に習って、題名を覚えていなくって、^^”検索できませんでした。ちょうど実家で飼っている老犬が弱っていた時期と重なり、涙をこらえながら音読を聞いていました。 と〜ってもいい本です!!ちなみに 娘用ではなく!私の本です。テレビ番組で取り上げられて!涙ぐむ内容でした。1年生の本なんで、文字数は少ないです。動物好きの友人へのプレゼントとして!最適?かどうかは相手によるかもしれませんが!いつか来る別れを意識すると!何でもないと思っていた1日1日がかけがえの無い日々だという事を感じられる…そんな作品です。公文の教材にあって!推薦図書でした。でも、死んで可哀相だけではないことを気付かせてくれるんです。何度も。やっぱり、購入して良かったです。愛犬を亡くして落ち込んでいる時に手に入れました。============================================================ 渡しました!ら!学校の教科書に載って被ってる…でも!教科書にある本を持っている事が誇らしいようで!かなり喜ばれました!結構な選書だったのですね。他の方のレビューをみても同じような方が多いのですね。読んで思いっきり泣いてます。犬を飼うという事により意識が高くなりました。レビューが良かったので!他の購入予定の本と抱き合わせでポイント対策に。娘の本を購入しようと色々みていると見つけました。何度読んでも涙が止まりません。出てくるペットは犬ですが!動物を飼っている人はどんな種類であっても共感できる話だと思います。昨年12歳になるラブラドールが逝ってしまい!思い出して涙が出てきました。うちの犬は娘よりも私と付き合いが長かったので!本当に息子のように可愛がっていたので残念でなりません。。長男を亡くしてすぐにこの本を知ったのですが、その時は感情がだぶって辛すぎて、ずっと手元に置く勇気がなかったのですが、少し気持ちが落ち着いてきたので購入しました。小1の息子が国語の教科書の音読の宿題で!毎日読んでくれていました。。飼っていた犬を家族としてずっと愛していく男の子の心情がとてもいじらしく感じます。。気持ちを伝えるって大切なことだなと思いました。18年という年数は 貴重でした。犬というより 家族なんですよね。ストーリーも挿し絵もとても心に響きます。「大好き」という言葉をちゃんと伝えておくことは大切だなと改めて思いました。その後犬が亡くなってしまい!実家の母が落ち込んでいたのでこの本をプレゼントしようと思い購入しました。口に出さないと思いは伝わらない。でも感想文なんかたくさん書けそうです^^感じるものが多いので。児童書ですが!年齢関係なく読める本小6の子供が小学校一年生の時の教科書に載っていました。タイトルと表紙だけで泣けますね。娘が続きが!読みたいって言ってたので!購入できてよかったですこの本を 偶然 手にしたとき かつて 我が家で飼っていた 愛犬を思い出していました。私は自分用と、友人へのプレゼント用に3冊買いました。良い絵本や本は惜しみなく与えてあげたいと思っています。大人だって同じ気持ちだから泣きたいんです。久しぶりの絵本購入でした。小さな命があることのすばらしさを、現実的にステキに伝えてくれる本です。クリスマスかな?と思っていましたが!学校のマイブックという試みで!頻繁に自分の絵本を持って行く必要があり!ネタが尽きたら渡そうかとも思っています。 簡単にさら〜っと読めば、わんこと家族の話なんですが。子供が!犬が欲しい!私も欲しい!というタイミングでこの本に出会いました。そして、今、犬のお世話頑張ってくれています。子供はもちろん!特に大人に読んで欲しい話です。私はペットを亡くしてすぐにこの本に出会い、涙が止まりませんでした。。動物病院の先生推薦の絵本です。子供が読んでも理解出来る内容で7歳の甥っ子も 彼なりの素直な思いを 聴かせてくれ 命を大事にしたいと 語ってくれた 素敵な一冊です。。。。ず〜っと気になっていて!やっとみつけた本なんです。出会いあれば別れは当然あるのが摂理ですが 本当に辛かったのも 本音でありました。子供達は忘れかけていたようですが!読み進めるうちに思い出したようでした。。これから中学校という新しい世界へ進む子供たちへのメッセージになればいいと思ってます。深く読んでくれるといいなぁ。我が家にも犬がいるので、泣きそうになりました。学校で読み聞かせボランティアをしており三学期に六年生のクラスに入ったら読んであげたいと思います。沢山の方に読んでもらいたい絵本です。買って良かったです。